音声配信はじめました!

バイクで日本一周したけど、タイで駐在員をして初めて世界の広さを知った人

バイクで日本一周したけど、タイで駐在員をして初めて世界の広さを知った人

こんにちは!バンコク在住のカナオです!
今回は「バイクで日本一周したけど、タイで駐在員をして初めて世界の広さを知った人」について、音声配信しましたので、その内容をこちらにも文字として公開していきます。

この内容は、音声配信サービス「REC」や、Youtubeにもアップしていますので、文字よりも音声や動画で知りたい方はそちらへどうぞ!〜

バイクで日本一周したけれど、思ったほど達成感はなかった

今回のテーマは、「バイクで日本一周したけど、タイで駐在員をして初めて世界の広さを知った人」についてなんですが、
卒業旅行を考えている学生に聞いてほしい内容になります。
また、日本を出たことのない方にも、気づきのある内容になるといいな、と思います。

お察しのとおり、テーマで申し上げた人というのは、私自身のことです笑

まずは私の大学卒業間近の話になるのですが、
その当時、バイクにキャンプ道具をのせて日本中を走り回っていました。
それまで地図上でしか知らなかった世界が、どんどん自分の世界になっていく感じが、好きでした。

大学卒業前に、バイクで行っていない都道府県は近畿地方から西だけだったので、
私は卒業旅行として、2月から3月にかけて、残りの行ったことのない日本を走る日本一周をしました。
厳密にいえば、バイクで47都道府県全走破ですね。

道中、大雪に見舞われて、その時に同じようにバイクで旅してた人がいたりして、意気投合したのはクレイジーなこともありました。
無事に47都道府県すべてバイクで走破でき、仲間もでき、
その時の思い出は、私の人生の一部となっています。

しかし、旅を終えて、その当時はなにかひっかかる感情がありました。
確かに達成感はあったのですが、思ってたよりあっさり日本一周できちゃったじゃん。と思う面もありました。

その当時はわからなかったのですが、今となっては、その当時のひっかかっていた感情は、
一種の「物足りなさ」だと思います。

また、それぞれの都道府県で、確かに微妙に文化や空気、言葉のなまりは違っていても、
みんなだいたい日本語しゃべる日本人なんですね。それも物足りなかったのかもしれません。

その物足りなさが、後に、バンコク駐在員になろうと思ったキッカケになったと思います。

バンコク駐在員となりはじめて世界を知った瞬間
それから就職して、特に海外志向ではなかったですが、当時の所属していた会社が、バンコクに子会社を設立するにあたり、
駐在員になりたい人を社内で募ったときに、手をあげました。
地図上でしか知らない世界で仕事してみたい!という想いもあったと想います。

そして、バンコク駐在になって、はじめて本格的に海外に滞在しました。
旅ではないですが、ビジネスという視点から、はじめて世界を肌で感じた時でした。

日本を走り回って、あの県はこうだったけど、この県はこうだな。と日本のなかで比較はできます。
しかし、日本のことをどうか、というためには、外国を知らないと比較ができないですよね。

日本全体として、捉えられることで、視野が広がり、思考の幅も広がりました。
なので、日本国内で旅するのも、それはそれでいい経験になると想いますが、
海外に行くチャンスがあるのであれば、ぜひ行っておくべきです。

格安航空券もスマホアプリも活用しよう

とはいえ、学生の卒業旅行といっても、誰しも海外へいける予算があるわけではないと思います。
外国語に自信がない人も、海外はめっちゃハードル高く感じると思います。

しかし、今の時代は格安航空券もありますし、スマホアプリで地図も翻訳もできます。
それに、言いたいこと伝わってなくて、行きたいところにいけなかったとしても、それも旅の一幕なので、楽しめばいいんです。

全部うまくいく旅なんて、「あー、楽しかった」で終わっちゃうんです。
トラブルのあった旅のほうが、経験値として残りますし、記憶にも残ります。
実際私のバイクで日本一周も、雨や雪にみまわれて、バイクも調子悪くなるし、トラブル続きでした。
でも、そういったことが、思い出になっていたりしますし、そのときに対処できた経験は自信につながっています。

ただ、事故や事件などに巻き込まれたり、死んだりするのは、なにも残らないどころか、身の回りの人も不幸にするので、絶対に気をつけましょう。

おわりに

今回は、私のバイクで日本一周した話から、海外に行けるチャンスがあるなら、行くほうが視野も広がり、思考の幅も広がる。というお話をしました。

最後に、「井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る」をことわざを例にしてみるのですが、
井のなかの蛙が、「うちの井戸は水がキレイだし、熟練の井戸職人がつくった空がキレイに見える設計の井戸なんやで」ってドヤ顔で言ってても、
「・・・で?なに?」
ですよね。

しかし、実際に井戸から出たことのある蛙や、他の井戸へ行ったことのある蛙が、同じことを言うでしょうか。
もし言ったとしても、深みが違いますよね。

なので、日本を出て海外に滞在できる機会があるのであれば、海外にでてみることをオススメします。
それも気にしれた仲間といっても世界は広がりづらいので、一人旅がオススメです。

あなたからの質問を大募集しております。
匿名で質問が送れるpeing質問箱などで受け付けております。
また、チャンネル登録やTwitterのフォローをしていただけるとウレシイです!
それでは、次回もお楽しみに〜

音声配信した内容カテゴリの最新記事