音声配信はじめました!

タイ人と働くときに気をつけること初級編3つ

タイ人と働くときに気をつけること初級編3つ

こんにちは!バンコク在住のカナオです!
今回は「タイ人と働くときに気をつけること初級編3つ」について、音声配信しましたので、その内容をこちらにも文字として公開していきます。

この内容は、音声配信サービス「REC」や、Youtubeにもアップしていますので、文字よりも音声や動画で知りたい方はそちらへどうぞ!〜

今回のテーマは、「タイ人と働くときに気をつけること初級編3つ」についてなんですが、
私がはじめてタイで働き始めたときに、これは日本とちがうな。と思ったことをふまえて紹介していきたいと思います。
これからタイで働く方に、特に聞いてほしい内容かな、と思います。

それはズバリ

  1. 掃除は率先してするな
  2. 給料はお互い筒抜け
  3. ジョブホッピングポンポーン!

この3つです。

最後におまけでプラスαも紹介します。

掃除は率先してするな

1つ目は、「掃除は率先してするな」です。
私の好きなツイートがありまして、
今は、誰がツイートしたものかもわからないし、本当かどうかもわからないのですが、おおよそ今から紹介する内容だったと思います。

それは、タイの日系製造業の工場に、日本人の工場長がいて、仕事をする上で掃除を従業員ですることが大事だ!みたいなマインドだったりします。
日本ではそんな上司いたりしますよね。

タイでもその工場長の日本人が、タイ人にも職場をきれいにするのが当たり前だ!みたいに教えたいので、自分が率先して、毎朝誰よりも早く出勤して掃除していたそうです。

すると、どうなったと思いますか?

タイ人従業員たちは、その工場長は自分たちよりも低い立場の仕事をしていると思い、バカにしはじめたそうです。

タイでは掃除は掃除のスタッフがすることと認識されており、わざわざ管理職の人がする仕事ではないのです。
タイの職場ではメイドさんのような掃除のスタッフを雇うのが一般的かと思います。
特に大人数の職場はそうだと思います。

日本の職場では掃除からはじまる日もあると思いますが、こういう話があると、
確かに、その掃除してる時間もコストが発生していることに気づきますよね。

給料はお互い筒抜け

2つ目は、「給料はお互い筒抜け」
かなりの確率で、タイ人スタッフたちはお互いの給料を知っています。
なので、給与額や昇給額についてシビアに決める必要があります。
日本では、同僚の給料は知らないと思いますが、タイではお互いに知っているので、「なぜあの人と同じスキルや、同じ仕事をしているのに、私よりも高いんだろう」となってしまいます。
なので、給与額や昇給額は、だれもが納得できる理由で決めないといけませんね。

ジョブホッピングポンポーン!

3つ目は、「ジョブホッピングポンポーン!」
最近私の好きなお笑いコンビは、渋谷系チャラ男コンビのEXITさんなんですが、
わけわからないパリピ感が超好きですね。いきなりポンポーン!とか言ってて面白いです笑

で、ですね、タイ人はけっこう気軽に転職するんですが、その理由の一つに、転職することで、給与が簡単に上がるんですね。それこそ、ポンポーンと笑

そんだけいい給与でオファーだされれば、そりゃ転職するよね。ってぐらい上がります。
最近私の聞いた例では、給与が倍のオファーがでたっていうのがありました。

その転職先でそれに見合う働きができているは知りませんが、それぐらい簡単に上がります。
なので、頼りにしていたスタッフなのに・・・とか、いちいちショックを受けていたら切りがないので、3年ぐらい勤続してくれたら御の字だと思っておくと気が楽です。

もちろん、いつもタイ人スタッフによりそった職場環境をつくるのも大事です。

トヨタ自動車の、2019年豊田社長年頭挨拶で言われた内容は、まさにその大事なことだと思います。

「トヨタの看板が無くても、外で勝負できるプロを目指してほしい。マネジメントは、プロになり、どこでも闘える実力を付けた従業員が、それでもトヨタで働きたいと、心から思ってもらえる環境を作りあげていきます」

2019年豊田社長年頭挨拶より

スタッフが経験をつんでも、ここで働きたいと思える環境をつくるのが大事ですね。

悪い話は光の速さで拡散する

最後にタイじゃなくても日本でもいえる気をつけたいことを1つだけ。

「悪い話は光の速さで拡散する」ということです。

光の速さは例えですが、ほんと早いです。
バンコクの日本人は多いですが、コミュニティとしては小さいです。
一人知り合いを通せば、あの人とあの人がつながる。なんてことも珍しくないです。

これまで特定の日本人の悪い噂は何度も耳にしています。しかも所属している企業名付で。

例えば、
私の妻はタイ人なんですが、日本語も話せて、大学は日本語学科を選考していました。
なので、大学の卒業生や、同じ職種など、タイ人の日本語が喋れるコミュニティーがあったりするわけです。
もちろんその中のタイ人は日本語通訳などで、日系企業に勤めていたりして、日本人と働いていたりするわけですね。
過去に何度もあったのですが、日本人上司がセクハラしてきた!などの情報は即広まります。
もちろんそのセクハラ日本人上司の本名と顔写真とともに。

ま、これは日本語が喋れるタイ人界隈に限った話ではなく、日本でもいえることですね。
外国で仕事したり生活する以上、他所様の国にお邪魔していることになりますので、
現地の方などに、敬意を忘れずに、接しましょう。

おわりに

あなたからの質問を大募集しております。
匿名で質問が送れるpeing質問箱などで受け付けております。
また、チャンネル登録やTwitterのフォローをしていただけるとウレシイです!
それでは、次回もお楽しみに〜

音声配信した内容カテゴリの最新記事