音声配信はじめました!

夫婦別姓ですが特に問題なし!

夫婦別姓ですが特に問題なし!

こんにちは!バンコク在住のカナオです!
今回は「夫婦別姓ですが特に問題なし!」について、音声配信しましたので、その内容をこちらにも文字として公開していきます。

この内容は、音声配信サービス「REC」や、Youtubeにもアップしていますので、文字よりも音声や動画で知りたい方はそちらへどうぞ!〜

国際結婚の場合、日本でも別姓可能

バレンタインデーですね。
バンコクでは、バレンタインデーに入籍するのが人気なんですが、届け出をする区役所も人気なところがあったりします。
それはバーンラック区役所なんですが、タイ語で愛の家みたいな意味にちかいので、それにあやかろう!ということで、バレンタインデーにバーンラック区役所に婚姻届を提出するのが人気ですね。
ちなみに私もタイ人の奥さんと結婚する時に試みたのですが、国際結婚の場合は、事前予約しないと受け付けられず、苦い思い出のある日でもありますw

今回のテーマは、夫婦別姓ですが特に問題なし!
バレンタインデー入籍はできなかったですが、タイと日本の国際結婚をしています。
私たちの場合は、タイ側で先に手続きして、日本側に報告的に婚姻届を提出しました。
タイ側で手続きした際に、奥さんの名字はそのままするかは選べたので、そのままにしました。

別姓として婚姻の手続きしたので、日本側にも別姓で提出することになります。
結婚後、本帰国して日本に住んでいたときも別姓の夫婦としてすごしていました。

日本で住むに当たり別姓でも問題ないです。
問題があるとしたら、扶養家族の申告時に、カタカナ名とローマ字名で証明するように書類を1枚追加で提出した程度です。

日本人同士の婚姻でも選択的夫婦別姓が認められていないのは、ちょっとおかしいと思います。
ポイントは選べることです。選べるようにするので、今まで通りか、別姓か選べばいいです。

家族の一体感が希薄になることはない

子どもの名字とどちらかの親の名字がちがう問題もあるかと思いますが、実際、全然問題ないです。
あるとすれば、タイに帰ってきたときに、奥さんと子どもだけ先に行きましたので、そのときに、出入国で止められるか?と心配したぐらい。

実際は何も問題なく普通にスタンプもらってスルー。

子どもはタイ国籍もあるので、タイの出生証明が発行されています。
そこには、父親と母親のフルネームも明記されているので、いざ質問されても、それを提示すれば問題ないはずです。
一応、奥さんと子どもだけで渡航したときは、私のパスポートコピーも保険的に持っていってもらいました。

なので、夫婦で別姓だったとしても、なんの問題もないです。
少し書類を多く用意したりするぐらいで、むしろ、名前が変わったほうの手続きのほうがはるかにめんどくさそうです。

私たちは初婚で、別姓を選んだので、どちらかの名前に変わったことは実体験していないですが、パスポートだったり銀行口座だったりいろいろ名前を替えないといけないのは大変ですよね。

日本人同士の婚姻でもはやく選択できるようになるといいと思います。

おわりに

あなたからの質問を大募集しております。
匿名で質問が送れるpeing質問箱などで受け付けております。
また、チャンネル登録やTwitterのフォローをしていただけるとウレシイです!
それでは、次回もお楽しみに〜

音声配信した内容カテゴリの最新記事