音声配信はじめました!

タイの物価は安いのか?

タイの物価は安いのか?

こんにちは!バンコク在住のカナオです!
今回は「タイの物価は安いのか?」について、音声配信しましたので、その内容をこちらにも文字として公開していきます。

この内容は、音声配信サービス「REC」や、Youtubeにもアップしていますので、文字よりも音声や動画で知りたい方はそちらへどうぞ!〜

前回から引き続きタイの生活に関することで、
「タイの物価は安いのか?」についてです。

屋台と交通費は安いが

先日の配信で、ぼそっと
「医療などのサービスは高いけど、日本よりは物価は安いかな・・・」と言いましたが、
モノ(やコト)によります。

安いな、と思うのは、屋台などのローカルフードと、電車やタクシーなどの交通費ぐらいですかね。
毎日食べたり、移動したりするときのことなので、影響は大きく見えますね。
でも、ぱっと思いつくのはそれぐらいかな。

ローカルフードといっても、タイ料理でもいいレストランだといいプライシングしてます。
もちろんおいしいので、屋台の数倍の値段しても納得感はあります。
また、屋台だと野ざらしですが、レストランだと内装やサービスにもコストをかけているので、それに対し対価を払っている面もあります。

私のランチはだいたい屋台ですませています。
以前はなんでも食べていたんですが、最近は安い屋台飯でも、選ぶようにしています。
屋台メシだと意識しないと、糖質や脂質が多い食事になってしまいがちです。

パッタイという脂質と糖質のバケモノ

パッタイという焼きそばみたいなタイ料理があるんですが、あれ、私好きなんですよね。

でも、ある日気づいたんですよ。
ランチに屋台のパッタイを食べた日って、午後がすっごい眠くなる。

屋台で作っているところ見えるんで、気づいたんですが、
まず、油ドバー!
はい、脂質入りまーす。笑

さらにパッタイって米の麺なんですが、これ色が透明に近い白なので、精製された炭水化物ですね。
糖質ドーン!笑

一応卵とか、小エビとかほかの具材も入っていますが、
そりゃ血糖値が爆上がりして、急降下しないワケがないよね。と思わざるを得ないですね。
眠くなって当然なランチだったので、最近は全然食べなくなりましたね。

ちなみに値段は30バーツで、日本円にしたら、約100円ぐらい。
1日4,000キロカロリーとか消費してるアスリートなら、100円でこんな高カロリー食が食べれるだと!?と飛びつくかもしれませんが、デスクワークなんで選ぶべきではないですね。

ちなみに、私は以前テニスコーチをしていたときに、活動量計のFitbitをつけて、一日の消費カロリーを図ってみたんですね。
そのときで1日3,800キロカロリー消費していました。仕事終わりに特大プリンとコーラ飲んでましたが、カロリー足りなかったのか痩せましたw
今は1日、2900キロカロリーぐらいなので、プリンとコーラまいう。とかデブ確定です。

コスパより大事なのことがあるよ

物価の話からちょっと脱線しましたが、
屋台のご飯は安いけど、海外生活は体調管理がかなり大事になってきます。
食べてもいい安い屋台飯はありますが、またそれは別の配信でしてみようかなと思います。

以前私が駐在員として働いていたときは、20代で若かったのもあり、
ビールグビグビ、なんでもバクバク食べていたんですが、
しょっちゅうお腹壊していたし、体調も崩しがちでしたね。

若くても食べ物や睡眠に気を使っておくと、自分のパフォーマンスが上がるので、ぜひおすすめです。

コスパとか、安さばかりに注目せずに、
自分が得たいものや体験は、得られるのか?という視点も大事かと思います。

おわりに

あなたからの質問を大募集しております。
匿名で質問が送れるpeing質問箱などで受け付けております。
また、チャンネル登録やTwitterのフォローをしていただけるとウレシイです!
それでは、次回もお楽しみに〜

音声配信した内容カテゴリの最新記事