音声配信はじめました!

メンタルの空きメモリー

メンタルの空きメモリー

こんにちは!バンコク在住のカナオです!
今回は「メンタルの空きメモリー」について、音声配信しましたので、その内容をこちらにも文字として公開していきます。

この内容は、音声配信サービス「REC」や、Youtubeにもアップしていますので、文字よりも音声や動画で知りたい方はそちらへどうぞ!〜

メンタルの空きメモリーを確保しよう

今回のテーマは、「メンタルの空きメモリー」についてなんですが、
なにかとストレスの多い海外生活や、育児などでメンタルが疲れがちな方に、少しでもより豊かな生活になるように話していきたいと思います。

今日伝えたいことは、
メンタルの空きメモリーをいつも意識しておくと、物事や人間関係がうまくまわりやすくなる。
ということです。

パソコンに詳しい方はわかると思いますが、メモリーに余裕があるほうが、いろんな操作が早く処理できます。
簡単に例えてしまうとしたら、机の広さに似ています。
メモリーが多い=机が広々としていて作業がしやすいと思います。
作業がしやすいので処理も早くできますよね。

逆に狭い机や、広くてもごちゃごちゃしている机は作業しにくいですよね。
この状態を今回は空きメモリーがないと例えていきたいと思います。

なせ、メンタルの空きメモリーを意識するべきかというと、
メンタルは自分の感情によって、知らずしらずのうちに、メモリーが使われてしまうからです。

海外生活だと空きメモリーがゼロになりがち

私はタイに住みはじめたころ、日本と勝手がちがうことがある度に、メンタルの空きメモリーがゼロになっていたと思います。
そうなると、精神的に疲れちゃって、体は元気なはずなのに、週末は家でダラダラしてしまい、月曜日もなんだか体がダルいまま仕事がはじまる、なんてことがありました。

ちょっとした怒りの感情とか、悲しみとかの負の感情は、意識せずともメンタルの空きメモリーを侵食してきます。

負の感情は絶対悪、ではないですが、
うまく付き合えないと、感情にコントロールされがちです。
本来は、感情をコントロールできるのが理想的な状態だと思います。

精神的に嫌なことがあると、なかなか目に見える指標がないので、今ヤバいな、というのがわかりづらいと思います。
そして、空きメモリーがないことに気が付かず、必要以上に怒ってしまったり、悲しんでしまったりします。

あとで、「言い過ぎたな」とか「なんであんなことで落ち込んだんだろう」ということがあると思いますが、そういうときは、メンタルの空きメモリーがなかったからだと思います。

なので、前もって、これ以上この状況が続いたらメンタルの空きメモリーはなくなるな。というところを決めておくといいと思います。
その上で、環境をかえたり、誰かに助けてもらったりするといいと思います。

そのとき気をつけたいのが、他人にあまり頼らないことがあると思います。
他人は自分の意思ではなく、その人の意思で動くので、期待しすぎがちです。
自分を変えるほうが、はるかに労力は少なくすむので、まずは自分からできる手段を講じるのがいいと思います。

時には総力をつぎこむことも大事

とはいえ、いつも空きメモリーを確保し続けられるとは限らないと思います。
いつもメンタルの空きメモリーがあり続けるって、仏様かなにかかなと思います笑

ときには、総力をつぎこんでとりかかることも大事だと思います。
ビジネスや人生などの大事な時に、「あっ、メンタルの空きメモリーなくなりそうだから、やーめた!」ってなると、草食系か!ってなりますよね。

今回のテーマは、「メンタルの空きメモリー」について話してみました。
メンタルの空きメモリーをなるべく確保しておくことで、なにかとストレスの多い海外生活や、育児などでメンタルが疲れがちな時も、乗り越えやすくなると思います。

おわりに

それでは今日はこのへんで。

あなたからの質問を大募集しております。
匿名で質問が送れるpeing質問箱などで受け付けております。
また、チャンネル登録やTwitterのフォローをしていただけるとウレシイです!
それでは、次回もお楽しみに〜

音声配信した内容カテゴリの最新記事