音声配信はじめました!

ネットの情報は基本的に疑おう

ネットの情報は基本的に疑おう

こんにちは!バンコク在住のカナオです!
今回は「ネットの情報は基本的に疑おう」について、音声配信しましたので、その内容をこちらにも文字として公開していきます。

この内容は、音声配信サービス「REC」や、Youtubeにもアップしていますので、文字よりも音声や動画で知りたい方はそちらへどうぞ!〜

アクセスされればいいと思っている発信者がいる

今回は、海外で生活するうえで、なにかと情報が少ない中、有益な情報を見極められるような配信にしていきたいと思います。

早速結論ですが、ネットの情報はまず疑ったほうがいいです。
特に最近の新型コロナウィルスについては、医療関係者でもない素人がつくった情報は信用できないものがほとんどです。

ツイッターをしていると、みんなを煽ってお金儲けしている界隈があることに気がつくと思います。
その界隈では、PVなどのWebサイトへのアクセス数至上主義みたいなところがあるので、
情報の正確性よりも、いくら稼げるかが正義になっている場合があります。

なので、そのようなWebサイトの情報を信じたり、見てしまうだけでも不安にかられたりします。
無意識のうちに「えっ、これってヤバいじゃん」と不必要な恐怖や不安を感じる情報があるからです。

怖いのは既知のものも同じ

今回のコロナウィルスの件において、必要以上に恐れる必要なないかと思っています。
検査体制などに一部問題があったかもしれませんが、厚生労働省などの公的機関が発表しているデータなどのエビデンスから、
実態を正確に読み取ることが大事ですね。

私はこれまでのデータを見ている限りでは、インフルエンザより脅威ではないと感じています。
もちろん、私の言ってることも基本疑ってくださいね笑

しかし、残念ながら新型コロナウィルスで死亡されている方もおられます。
それは確かに脅威ではありますが、インフルエンザをはじめ、他の感染症なども同じだと思います。
風邪であっても、特効薬はありませんし、インフルエンザのタミフルも特効薬ではないはずです。

新型ウィルスだけじゃなくても、昔からある感染症で死亡されるケースもゼロではないです。

それにインフルエンザは予防接種ができるにもかかわらず、受けていない人もいるはずです。
にも関わらず、新型コロナウィルスにもワクチンがないからといって不安になりすぎるのは、どうかな、と思います。

タバコはデータで有害なのが誰にもわかる

新型コロナウィルスも怖いは怖いですが、タバコの煙のほうが怖いです。
厚生労働省の発表によれば、日本国内で喫煙に関する病気で亡くなった人は、年間12万〜13万人ともされています。
世界保健機構(WHO)は、受動喫煙が原因で死亡する人は年間100万人と発表しています。
また、5歳未満の子供も6万人以上が呼吸器感染症で犠牲となっているそうです。

歩きタバコで我が物顔で、他人に受動喫煙させているほうが危険人物ですよね。

基本的には体の自然治癒力が大事だと思います。
それを喫煙者は自ら低下させ、感染していたら、なにしてんの?と思わざるを得ないですよね。

自身の免疫システムが健全に働くように、日頃から食事・睡眠・休息をしっかりとることが、新型ウィルスに対する一番の対策じゃないかなと思います。
あなたも、必要以上に不安にならずに、冷静に恐れて、日頃から自身の免疫をしっかりキープすることが大事だと思います。
喫煙者なら、さっさと禁煙ですね。
私も昔は喫煙者でしたが、やめて本当によかったと思っています。

ちょっと話が脱線しまくってしまいましたが、
今回は、「ネットの情報は基本的に疑おう」をテーマに話してみました。
もちろん私のこの配信も、基本疑ったほうがいいかもしれませんよね笑

海外生活では現地の日本語情報が少なかったりしますので、日本の公的機関以外にもWHOなどの世界的な公的機関の情報を頼りにするのが確実だと思います。
もちろん日本語じゃなくて、英語だったりしますので、そこは頑張りましょう笑

語学力も必要になると思いますが、信頼できるソースをしっかりと確認し、
事実と解釈をわけて自分の頭で考えることが大事だと思います。

おわりに

それでは今日はこのへんで。

あなたからの質問を大募集しております。
匿名で質問が送れるpeing質問箱などで受け付けております。
また、チャンネル登録やTwitterのフォローをしていただけるとウレシイです!
それでは、次回もお楽しみに〜

音声配信した内容カテゴリの最新記事