音声配信はじめました!

働きやすくなるコストをかけよう

働きやすくなるコストをかけよう

こんにちは!バンコク在住のカナオです!
今回は「働きやすくなるコストをかけよう」について、音声配信しましたので、その内容をこちらにも文字として公開していきます。

この内容は、音声配信サービス「REC」や、Youtubeにもアップしていますので、文字よりも音声や動画で知りたい方はそちらへどうぞ!〜

余分かもしれないが・・・

チームや組織のリーダーの人にとって、メンバーが結果を出しやすい環境をつくれるような話しにしたいと思います。

今回は「働きやすくなるなることに、コストをかけよう」が結論なんですが、
なんでもかんでもコストをかけるのはよくないですが、なんでもコストカットするのもよくないです。

余分かもしれないが、ここにちょっと多めのコストをかけてもいいな、と思えるところに、
多めにコストを払ったほうが、生産性が上がったりしてトータルで得をする場合があるからです。

スキルが高いが希望給与が低い場合

例えば、人を採用しようとした場合、明らかに仕事できそうだな、と思える方が面接にきたとします。
しかし、その方の希望給与はちょっと低かったり、これならいくら出してもいいな、と思えるレベルだったとします。

この場合、なぜこのスキルがあるのに、低い希望給与なんだろうというところは、一旦おいておきましょう。

ここで、希望給与も思ってたより低いし、ラッキー!と思って、希望給与のままオファーを出したとしたらどうなるでしょうか。

もしかしたら、他社にもっといい条件を出されて、採用できなかったりするかもしれません。
または、採用できたとしても、本人はすぐに、あれ?私ってもっといい条件で働けるのでは?と思ったら最後です。
採用したときの条件を出したことに不信感をもちはじめ、それは会社への不信感にもなりかねません。

なので、採用時に、あきらかにスキルが高くて、希望給与が低い場合は、プラスαのコストをかけて、
希望給与よりも高いオファーを出したほうが、あとからお互い働きやすくなるはずです。

本人としても、希望よりよい条件を出されれば、よし!頑張って貢献するぞ!という気になるにちがいないです。

もし、思っていたよりスキルが低かったとしても、本人がモチベーションを高く維持し続けてくれれば、職場の雰囲気の向上にもつながるはずなので、損はあまりしないはずです。

多めにコストをかけて得られるメリットを考えよう

今回は「働きやすくなるコストをかけよう」をテーマに話してみました。

ケチるよりも、ちょっと高くなるけどお互いに気持ちよく働けるならコストをかける価値があることがあるよ、というお話でした。

コストカットも大事な場面もあると思いますが、多めにコストをかけることで、モチベーションが高く維持できたりすることは十分に効果的だと思います。

おわりに

それでは今日はこのへんで。

あなたからの質問を大募集しております。
匿名で質問が送れるpeing質問箱などで受け付けております。
また、チャンネル登録やTwitterのフォローをしていただけるとウレシイです!
それでは、次回もお楽しみに〜

音声配信した内容カテゴリの最新記事