音声配信はじめました!

タイ在住者が日本人観光客に一番注意したい事

タイ在住者が日本人観光客に一番注意したい事

こんにちは!バンコク在住のカナオです!
今回は「タイ在住者が日本人観光客に一番注意したい事」について、音声配信しましたので、その内容をこちらにも文字として公開していきます。

この内容は、音声配信サービス「REC」や、Youtubeにもアップしていますので、文字よりも音声や動画で知りたい方はそちらへどうぞ!〜

タイ観光に来るのであれば

今回は、タイからみた日本や日本人の印象が少しでも良くなるようにしたいと思います。
また、タイに来る日本人の観光客に、これは注意したほうが、よりタイ旅行が楽しめる回にしたいと思います。

結論として、新型コロナウイルスの件もあるので、そもそもタイに観光しにくるタイミングを熟考すること。
それでも観光しにくるのであれば、基本的なマナーは必ず抑えることです。

ツイッターで投票募集してみた

私はたまにツイッターで投票をするのですが、
今回は、「タイ在住から言いたい、日本人観光客に一番注意したいのは?」と題して開催しました。全部で104票の投票がありました。ありがとうございました。

投票の選択肢は4つで、

  1. タイパンツはくな
  2. 斜めがけバッグやめとけ
  3. 某寺などでマナー守れ
  4. そもそも今の時期来ないといけない理由教えて

です。
他にもいろいろ注意したほうがいいことは、あるのですが、今ぱっと思いついたのはこの4つでした。

選択肢の詳細と投票結果

1つ目から説明していきますね。
タイパンツは、アジアっぽい柄の、薄めの生地のスボンです。
タイパンツはくな、はちょっと自分でもなんでこれを選択肢にしたのか、本当に理解できていないので、機会をつくってその思考を分解してみようと思います。
が、おおよそ、タイパンツって観光客しかはかないんですよね。
なので、タイパンツをはくことで、「私は日本人観光客です」とアピって歩いているようなもんなんですね。
バンコクには、観光客を騙す詐欺師はたくさんいますから、危なっかしいと感じちゃいます。
20.2%の票が入っていました。

2つ目は「斜めがけバッグやめとけ」です。
これは、特に男性なのですが、財布やパスポートなどの小物類が入れやすい小さめの斜めがけバッグありますよね。
タイ人でも使ってる方はいますが、あれ、スリに合いやすいのでやめたほうがいいです。
特にポーターのもの。完全に、「わたくし日本人は、財布やパスポートなどの貴重品をここに入れてます」と宣言しているようなもんです。
これも危なっかしいのでやめたほうがいいです。
12.5%の票が入っていました。

3つ目は、「某寺などでもマナー守れ」です。
これは、一部のお寺がインスタ映えするスポットとして人気となり、なりふり構わず写真撮影に興じるヤツが増えたせいですね。
もともとお寺なので、服装などもそうですが、言動にも気をつけましょう。
これは4つの選択肢の中で同率1位の33.7%の票が入っていました。

4つ目のは注意というか、ちょっと説教入っちゃいますね。すいません笑
「そもそも今の時期に来ないと行けない理由教えて」なんですが、
これも同率1位の33.7%の票が入っていました。
日本国内でイベントが次々と中止にされたり、学校が休校になったりしているの理解していれば、日本が世界で感染者が多い国指定されているのわかると思います。
しかも、タイは日本をはじめ感染者が多い国からの入国は、14日間の自主待機期間をもうけるようにタイ保健省から指示されています。
自主的なので、それまでといえば、そうですが、タイ在住の日本人から見ても、日本からきた日本人とは可能な限り接触はさけたいです。日本人に限らず何人でもですが。
もちろん自粛しろガーと、正義マンになるつもりもないですし、自粛ムードばかり漂って経済が停滞するものよくないと思います。
せめて、完全にマスクするなり、感染拡大に努めてるオーラをだしてほしいと思います。
なんなら僕が、タイ語で「私は日本人ですが14日間自主待機完了して健康体です」ってプリントしたTシャツ作ろうかなとさえ思います笑

日本のイメージは低下中

今回は、「タイ在住者が日本人観光客に一番注意したい事」をテーマに、
ツイッターでの投票結果を交えて話してみました。

今、タイでは日本に対するイメージは下がってきていると感じます。
タイは観光立国でもあるので、日本人観光客は完全排除したいとまではいかないとは思います。
しかし、ここで節度ある行動をしっかりととれるか、とれないかで、日本の印象は変わると思います。

おわりに

それでは今日はこのへんで。

あなたからの質問を大募集しております。
匿名で質問が送れるpeing質問箱などで受け付けております。
また、チャンネル登録やTwitterのフォローをしていただけるとウレシイです!
それでは、次回もお楽しみに〜

音声配信した内容カテゴリの最新記事