音声配信はじめました!

店員さんも人間だし家族がいる

店員さんも人間だし家族がいる

こんにちは!バンコク在住のカナオです!
今回は「店員さんも人間だし家族がいる」について、音声配信しましたので、その内容をこちらにも文字として公開していきます。

この内容は、音声配信サービス「REC」や、Youtubeにもアップしていますので、文字よりも音声や動画で知りたい方はそちらへどうぞ!〜

香港経由の荷物が届かない

私は、プロテインなどのサプリメントをiHerbを使って注文しています。
いつもロサンゼルスから香港経由で、バンコクの自宅に届くのですが、
2月に注文したものが、なかなか届かなかったので、問い合わせしました。

いつも5日程度で届くのですが、もう15日以上経っていました。
iHerbの担当の方から1営業日でメールが返ってきて、回答をいただきました。
予想通り、新型コロナウイルスの影響で遅れているそうです。

普段なら、ありがとうございます。と返信しておしまいですが、
大変なのはみんないっしょなので、一言添えて返信しました。

働いている人に優しく

今回は、新型コロナでピリピリしている社会のムードが少しでも、穏やかになればいいなと思います。
結論としては、小売店の店員さんや、いろんな窓口の接してくれる人にちょっと優しくしようというものです。

最近、日本ではトイレットペーパーがお店からなくなったりして、心無い人が店員さんに怒鳴り散らしたりしているそうです。
自分はそんなことしない。と思っていても、店員さんはけっこう神経をすり減らして接客をしているはずです。
なので、店員さんや対応してくれている方に、ちょっと気遣いで一言声をかけてあげると、とても喜ばれるはずです。

コンビニで働いていると敵ばかりに思える瞬間

私は昔、学生時代にコンビニで働いていたことがあります。

当時はじめてのアルバイトだったこともあって、たくさん失敗して、お客さんに怒られたこともあります。

忙しいときに限って、ややこしい商品を頼まれたりすると、けっこうイラッとしちゃうんですよね。
それがお客さんにも伝わっているのか、暴言はかれたこともあります。

そういうときって、いいお客さんですら、敵にみえてきちゃうんですよね。
「あ〜ぁ、このお客さんもイライラしてるんだろうな」とか
「この忙しいときに、めんどくさい商品頼むのかよ〜」とか思っちゃうんですが、

ふと、そのめんどくさい商品を買いに来たお客さんに、ありがとうと言われると、
「あれ?いま並んでいるお客さん、もしかして全員いいお客さんじゃん!」と思えます。

ちょっと一言言われるだけでも、うれしいし、少し疲れがいやされるような感覚があります。

そんな感じで働いている人は、けっこう精神的にすり減っていると思います。

小売店だけではなく、医療機関で働いておられる方も、日々体をはってお仕事をされていますよね。
そのような方たちに対し、自分はお客だ!とか、お客様は神様だろ?みたいなスタンスで接するのは、頭パーかなと思います。

いまどきお客様は神様なんて時代遅れなのもそうですし、
ビジネスなどでも基本対等な関係であるべきです。
べき論になってしまいますが、相手がいなければ、トイレットペーパーも買えないですよね。
お医者さんや看護師さんがいなければ、医療にかかることもできません。

結局のところ、店員さんに怒鳴り散らしている人は、ただの迷惑なかまってちゃんなんだろうと思います。

迷惑な人より、いいお客さんに時間を使おう

とはいえ、小売業や医療機関などでは、不特定多数の方を相手としなければなりません。
ましてや、そのレジ係りなどでは、自分の意思で、迷惑な人を追い出す、といったことは難しいと思います。

お店の経営者からしても、どんどん少子高齢化でお客さんが少なくなるこのご時世に、少しでも客数は確保したいことと思います。

しかし、一人の客でもない迷惑な人に対応するコストがあれば、優良顧客に対応する時間が何倍も確保できたりします。
粘着質なクレーマーの対応に1時間を要するとして、その1時間でいつも来てくれるお客さん何十人の対応ができるはずです。
または、もっと利益があがるように工夫できる時間にもなり得るかもしれません。

客数の確保も大事ですが、従業員の時間コストも大事です。
これから高圧的で迷惑なお客っぽい人は淘汰されてしまうことを願います。

もう一度主張
今回は「店員さんも人間だし家族がいる」をテーマに話してみました。
店員さんも、自分とおなじ人間だし、家族がいるはずです。
一言添えて、接することはすぐにできるはずですし、お金もかかりません。
あなたの一言から、社会のムードが少しでも、穏やかになればいいなと思います。

おわりに

それでは今日はこのへんで。

あなたからの質問を大募集しております。
匿名で質問が送れるpeing質問箱などで受け付けております。
また、チャンネル登録やTwitterのフォローをしていただけるとウレシイです!
それでは、次回もお楽しみに〜

音声配信した内容カテゴリの最新記事