音声配信はじめました!

タイでよくある割引「Buy1 Get1」の本当の狙いは?

タイでよくある割引「Buy1 Get1」の本当の狙いは?

こんにちは!バンコク在住のカナオです!
今回は「タイでよくある割引「Buy1 Get1」の本当の狙いは?」について、音声配信しましたので、その内容をこちらにも文字として公開していきます。

この内容は、音声配信サービス「REC」や、Youtubeにもアップしていますので、文字よりも音声や動画で知りたい方はそちらへどうぞ!〜

1使えば、1つ無料

今日は、バンコクのスタバで、今日限定で抹茶フラペチーノのセールをしていました。
タイでは、Buy1Get1Freeといった割引方法が頻繁に行われています。
日本では馴染みがないかと思いますが、1つ買えば、1つ無料でついてくるといった売り方です。

今回は、普段なにげなくセールや割引をしていることに、ついてもっと解像度高く見れるようになれる回にしたいと思います。
セールや割引に、飛びついたり、ラッキー!とただ思っている人、多いと思います。
しかし、なぜセールや割引をしているのか考えるように癖をつけれるようになるといいなと思います。

結論は、先程のスタバのBuy1Get1Freeの割引でいうと、
客数が増えることが見込める。です。

認知拡大に効果が見込める

Buy1Get1Freeは、1杯買えば、もう1杯無料でもらえるので、実質半額ですよね。
しかし、合計2杯もらうことになります。

抹茶フラペチーノを、一人で2杯飲むって、きついですよね。好きでもきつい。
私は最近、食べるもの、飲むものに気をつけているので、1杯飲むのも控えています。
糖質と脂質の塊ですし。

話もどしまして、2杯あったら、だいたいの人は、誰かとシェアすると思います。
そこが今回のBuy1Get1の割引の重要なポイントだと思います。

ただの半額セールなら、一人で消費して、おしまいですが、
Buy1Get1だと、モノが2つ手元にあるので、だれかにあげたりしますよね。
一人で消費するケースもあるとは思いますが、狙いとしては、誰かと一緒に買いにきてくれるように仕向けているはずです。

それに、スタバの抹茶フラペチーノって、男性よりも女性のほうが好きな方が多いように思います。
そんな女性のお客さんが、二人で抹茶フラペチーノ飲むってなったら、
高確率で、写真撮ると思います。
そして、インスタグラムなんかのSNSにシェアしたりするケースも多いはずです。

そうやって、Buy1Get1をするお店からすれば、商品を消費してくれるお客さんが増えるし、SNSへの露出も増えるわけですね。

ただ単に半額セールするよりも、世間への認知向上なども狙えるわけです。
抹茶フラペチーノを知らない人はあまりいないかもしれませんが、
Buy1Get1で、自分が1杯飲んで、もう1杯は誰かにあげようとなった時、
その誰かは抹茶フラペチーノを知らないかもしれません。

それまで商品を知らなかった人にも、商品を知ってもらえる機会にもなります。

いつも同じ作用があるとは限らない

とはいえ、なんでもかんでもBuy1Get1が、今回言ったように作用するとは限らないですよね。
例えば、1つあればとりあえず十分だし、誰かにあげるまでもないようなものです。

例でいうならば、シャンプーですかね。
シャンプーって、私が男なのもありますけど、あまりこだわりはないんですよね。
でも、わざわざ誰かにあげるようなものでもないですよね。
まぁ、もらったら、もらったで使うとは思いますが、もらった側からすると、
タダだからそのシャンプーをつかうだけで、よっぽど気に入らない限り、
つぎはいつも使っていたシャンプーに切り替えると思います。

そのよっぽど気に入るところを狙うのであれば、いいかもしれませんが、
抹茶フラペチーノみたいに、SNSにシェアするでもないし、時間をシェアするものでもないですよね。

なので、シャンプーみたいなもので、Buy1Get1しているときは、ただ単に
在庫をなくしたいのが一番にきているかもしれません。

ただの半額なら、1つ買うだけですが、Buy1Get1なら在庫2つ減ってくれますね。
商品をおいておくスペースも有限ですからね。

SNSでプレゼント企画してるのはヤバい

あとは、最後にちょっと気をつけておきたいのが、最近よくSNSである、
フォローやRTして応募したら、抽選で何人に、現金プレゼント!ってやつですね。
あれって、企画している側が、なんでしているか分かって応募している人、ほとんどいないと思います。
ケースによっては、企画は架空のもので、企画して集まったフォロワーを売り物にしているってこともあり得るので、ちょっと先読みできる人は、絶対に応募しないですよね。
きっとこの配信を聞いているあなたは、先読みできているはずなので、応募していないと思いますが笑

今回は「タイでよくある割引「Buy1 Get1」の本当の狙いは?」をテーマに話してみました。
なにげなくセールや割引に、飛びつくのではなく、本当の狙いは何で、自分はどう動かされようとしているのか考えてみると、世の中の動きがちょっとおもしろく見えると思います。

おわりに

それでは今日はこのへんで。

あなたからの質問を大募集しております。
匿名で質問が送れるpeing質問箱などで受け付けております。
また、チャンネル登録やTwitterのフォローをしていただけるとウレシイです!
それでは、次回もお楽しみに〜

音声配信した内容カテゴリの最新記事